新しい納税の形|新しいスタンス|ふるさと納税でお得な気分に

新しいスタンス|ふるさと納税でお得な気分に

自然

新しい納税の形

財布

申告しなければ戻らない

自分で税金の使い道を決めることができるとして人気のふるさと納税ですが、寄附金でもあるので控除の対象になることでも知られています。しかし、控除を受けるためには、納めた次の年の年度末に確定申告を行わなければいけないので、忘れないようにしましょう。控除の対象になるのは、2000円以上のふるさと納税を納めた場合で、この金額が実質的な負担金になります。つまり、納めた金額から2000円を引いた額が控除額として還付されることになるのです。納める自治体によっては、豪華な食材や特産品をもらえるふるさと納税は、税金の控除を考えると大変お得な制度であることが分かります。なので、確定申告やワンストップ特例制度を使って、しっかり申告することが大切なのです。

納税の特典や方法とは

ふるさと納税は名前に納税とありますが、実際には寄附金として扱われ、自分の好きな自治体に納めることができます。例えば、昔住んでいた生まれ故郷でもいいですし、被災地に義援金として納税することも可能なのです。各自治体では、積極的に納税してもらうために、いろいろなアピールや税金の使い道を公表するなどしています。特に注目されているのが、納税者に送られる地元の農産物や海産物で、中にはふるさと納税でしか手に入らない特産品もあるようです。納税方法も簡単になっていて、遠く離れた人も納税できるようにインターネットでも受け付けをしています。また、支払う場合は振込の他にもクレジットカード決済が可能で、受領書が届いたら後は確定申告するだけでいいのです。